大切な財産とその方の想いを100%残すための
お手伝いをさせていただきます。

豊富な知識と経験で相続税の9割圧縮を実現いたします。

お気軽にお問い合わせください

03-3752-6223 お問合せフォーム

芦原会計事務所 /相続

ストレスから解放されてはいかがですか?

相続税は、ご自身がお亡くなりになった時点の財産に課税されます。その重税感については、「三代で財産が無くなる」などと昔から言われてきました。しかし残念なことに、概ね事実といわざるを得ないのではないでしょうか?

言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、「」というなかに相続税を軽く乗りきるためのキーワードが潜んでいます。

相続税は、「自由裁量と経済合理性でできている」ために、長期の時間軸の下では、柔軟に機能します。

芦原 孝充

東京税理士会
税理士 芦原 孝充

経歴
1962年生まれ。慶應義塾大学大学院修了。コンサルティング会社勤務を経て1993年、芦原会計事務所開業。税務コンサルティング業務に従事。

東京都にお住まいの(仮名)田中さんからのご相談です

現状のままでは向こう30年間の間に10億→3億に

父(80歳)には10億円の財産があり、この時点で相続が起きた場合の①相続税は5億円になる見込みです。長男の私は50歳です。父には他の相続人はありません。
将来を考えると、30年後には私も80歳です。その際の相続税は②約2億円・・・。わが家は向こう30年間に約7億円(①+②)が相続税として出て行くことになります。私が息子たちに残せる財産は3億円程度になってしまいます。

対策の結果10億円→16億円に

知人を通じて相続税の事前コンサルティングに精通した税理士を紹介してもらいましたところ、次のように試算されました。

  1. ① 父の相続
     相続税 2千万円・・・相続後の残余財産9.8億円

    同時に財産を増やし続けることができる結果、30年後父と同じ80歳になる時には16億円余りになることが分かりました。

  2. ② 私の相続
     相続税は5千万円・・・相続後の残余財産16億円

    十分な財産を残せることができそうです。これで、長年の相続税のストレスから解放され、毎日を心穏やかに過ごせます。

  1. 注① この間に4%で運用(税負担43%引後)の剰余金6.7億円を含む(9.8+6.7=16.5)
  2. 注② 100,000×55%-7,200≒48,000
  3. 注③ 10,000×30%-700≒2,000
  4. 注④ 52,000×50%-4,200≒22,000
  5. 注⑤ 16,500×40%-1,700≒5,000

ページトップへ